【水行(みずぎょう)という選択肢を選んだ人々へ】

2015.06.11 Thursday

0
    「水行」の会のみなさん、そして「水行」というものに関心をもっているみなさんへ

    「水行」に目を向けているすべての皆さんへ
    (清水美裕)

    私が水行の会の創設をご提案したのは、私が今日まで40年に渡って実践してきた
    古来よりある鍛錬法が「さまざま」な分野の解決の糸口になると考えたからです。

    「水ごり」「冷水行」…呼び名はさまざまですが、その目指す目的はひとつです。
    「それは」望みを叶えること!

    「望み」とは「願望」です。

    「願望」は悪いことではありません。あったほうがいい。あれば、目的となり時には、
    「生きる」目標ともなります!

    「水行」に関心を持たないかたや、怖さを感じる方々に無理強いをしてはいけません。
    「実際」に「水行」を行っている皆さんは、ただ日々の生活の中で人知れずその成果を
    示していけばいいのです。

    「よく」○○は不可能だ…という方々がいます。
    「人間が音速を超えるのは不可能だ」
    「人間が空を飛ぶのは不可能だ」
    「人間が○○するのは不可能だ…」

    そう、それは正しい。でも、そう思った時点では…ですよね。

    「水行」は水を浴びることです。
    「確か」に水を浴びたからなんだって言うのでしょう!
    そう、何も変わりません。…但し、その時点では…ですよね。

    「私は」今、生きています。そして会社を経営しています。
    「持ち家」もあります。また、不労所得もあります。

    「でも」最初からではありません。
    「水行」をするという「決意」をし、その決定を誰にも言わずに、ただ、自分で決めたルールで
    「黙々」と40年実行していたら…気がつくと…自分が求めた環境や家や車や仲間達が
    「周囲」に既に存在していたのです!

    「水行」は何もしてくれません。でも、それを決意し行動したあなた自身が、
    「必ず」周囲に影響を与え、まず自分自身を「良い方向」へ変え!
    「自分」が変わったことを「周囲」の変化が証明しただけなのです!

    (続く)…次回は「私が行った水行のメソッド」です。

    (無料メルマガの御案内 まぐまぐでメルマガも書いています。興味があれば読んでください)
    ( 
    http://archive.mag2.com/0001652110/index.html )
     

    スポンサーサイト

    2017.05.30 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする